阪神タイガース2018年開幕ショートは誰だ!?5人の若手に期待

後半戦ショートのスタメンに定着をしていた、大和の流出が決定した阪神。
残念ではありますが、こうなったからには若い選手に1人立ちを期待したい所。
その候補となるのはこの5人でしょう。

スポンサーリンク

北條史也

そもそも今年の開幕オーダーに選ばれたのは、前年に大きな成長を見せた北條史也でした。
それも6番で起用されたわけですから、首脳陣の期待は相当高かったことが伺えます。
しかし打撃の調子が伸びず糸原、そして大和にスタメンを奪われることに。
そんな北條は、現段階では糸原や植田よりも守備面では安定しているように思えます。
打撃の調子が戻れば、レギュラー最右翼と言えるでしょう。
ただ北條の打撃の素質を考えると、2016年の成績でもまだ物足りません。
復活ではなく、進化を期待したい所です。

糸原健斗

シーズン途中にスタメンに定着しながらも、怪我で離脱をしてしまった糸原健斗。
新人離れした選球眼と、ここぞという場面での勝負強さが印象的でした。
ユーティリティー性のある選手ですが、ショートに限った時の守備力はまだ物足りなさがあります。
その一方で攻撃面では振りが鋭く、また四球を選べるのである程度の出塁率を計算することもできます。
これで守備が上達すれば、鳥谷のような選手になれるかもしれません。

植田海

足を買われ、シーズン終盤に起用された植田海。
CSでも二塁打を放ち、成長が著しい選手です。
肝心の守備面では機敏な動きを見せるものの、まだ少し危なっかしさがあります。
しかしその身のこなしは、将来の名手を予感させるに十分。
金本監督は3番が糸井で2番に俊足の左打者を入れることを理想としているようですが、両打ちではあるものの植田はそのイメージにかなり近いのではないでしょうか。
また植田は今冬のウインターリーグに参加をする予定でしたが、体作りを優先させるために取り止められています。
来年のレギュラー候補だから1年戦える体力を・・・というのは考えすぎでしょうか。

大山悠輔

秋季キャンプでは、セカンドに加えショートの練習も行った大山悠輔。
大砲との両立を思えば個人的にはサードとして育てて欲しいのですが、サードには鳥谷がおり福留や糸井と共にレギュラーをほぼ明言されています。
またファーストは、新外国人のロザリオの獲得がほぼ決定的になっている様子。
大山の打撃を考えれば控えにしておくのは惜しく、二遊間での出場も十分にありそうです。

熊谷敬宥

今年のドラフト3位で指名された熊谷敬宥。
高山・板山・坂本・大山・糸原・長坂と、金本監督になってからのルーキー野手は1年目から一軍で起用されています。
だからと言うわけではありませんが、熊谷は守備だけなら今年の大学生でも1番の評価を受けていた選手。
その守備力がプロでも上位であることをキャンプやオープン戦で示せれば、開幕ショートの可能性も十分にありそうです。

サバイバル

まだプロでは未知数の熊谷を除くと、現段階では打撃の大山・守備の北條・走塁の植田・出塁の糸原といった所ではないでしょうか。
果たして、2018年開幕戦にその名を刻んでいるのは誰なのか。
そして勝ち取った選手には、一年間それを守り通すつもりで戦って欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280