福留・鳥谷・ゴメス・西岡 「4人の主軸」の2017年

2016年、これまでに無いほど若手を起用している阪神タイガース。
ただ金本監督がシーズンの早い段階から軸として据えていたのは、あくまでも経験豊富なベテランでした。
それが福留・鳥谷・ゴメス・西岡です。

スポンサーリンク

「4人の主軸」の2016年

4人の主軸の中で、今シーズン十分な結果を残したと言えるのは福留くらい。
鳥谷はショートを奪われ、ゴメスも中盤以降スランプに陥り、そして西岡は怪我で離脱をしました。
このあたりは、首脳陣も大きな誤算だったことでしょう。
また良太・今成・上本・大和といった選手も軒並み打撃が不調で、主軸の誤算を埋めることは出来ませんでした。
今年の阪神は若手を無理矢理使っていると批判をされることもありますが、高山・原口・北條といった若手が台頭していなければ今よりも悲惨な成績であったことは間違いありません。

福留考介の2017年

今シーズン、誤算だった主軸の不調。
彼らの2017年はどうなるのか?
まず唯一結果を残した福留は、年齢が年齢なので今年以上に休養日が増える可能性があります。
今シーズンは主に4番を打ちましたが、休養日に抜けることを考えると出来ればそれ以外の打順に置きたい所。
福留を6番くらいに置けるようになれば、本当に強いチームになっていると思うのですが・・・。

鳥谷敬の2017年

鳥谷は現在守っているサードが主なポジションとなるでしょう。
ただポジションが確約されていたこれまでとは異なり、他のサード候補の選手との競争になると思われます。
その相手は陽川か、それともまだ見ぬ新人・外国人などの補強選手か。
守備は慣れれば問題ないと思いますので、バッティングの復活に期待です。

マウロ・ゴメスの2017年

ゴメスは今オフの契約が微妙な状況です。
ゴメスより打てる外国人を連れてこれる可能性はどちらかというと低いと思いますが、だからといって今年や去年のような成績では物足りません。
衰えるような年齢ではありませんし、2014年くらい打ってくれればと思うのですが・・・。
ゴメスを残してその上でレギュラークラスの新外国人を獲れればそれに越したことはありませんが、その条件でゴメス側が納得してくれるかどうか?

西岡剛の2017年

シーズン途中に、アキレス腱断裂の大怪我を負った西岡。
症状からして開幕に間に合わせるには無理があり、また復帰をしたとしても休みがちの出場となるでしょう。
とてもではありませんが、来年は主軸として計算をすることは出来ません。
上本や大和といった中堅どころが、西岡の代わりにセカンドの軸として1人立ちをしてくれればと期待はしているのですが。

2017年の「軸」はどうなる?

現状を考えると、2016年当初に期待をした「軸」としての働きを2017年に求めるのは難しいでしょう。
福留以外は開幕スタメンに名を連ねているのかもわかりません。
オフが近付いている事もあり新外国人やFA関連の報道が増えていますが、真偽はともかく「軸を据えながら若手を育てる」というのが方針ならわかるような気がします。
とはいえ近年の市場はソフトバンクやオリックスが本気を出しており、阪神はもはや球界屈指の金持ち球団ではありません。
生え抜きを育てるというコンセプトはこれからも変わらないと思いますし、変わらないでいて欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする