ウィリン・ロサリオの獲得を正式発表! MLB通算71本の大砲

阪神は13日、ウィリン・ロサリオ選手の獲得を正式発表。
同選手はメジャーで通算447試合に出場し、71本塁打の実績を持つ強打者。
その後の韓国でも2年連続で3割30本100打点をマークしています。

スポンサーリンク

4番打者を獲得

昨日まで「ロザリオ」と報道されていましたが、正確には「ロサリオ」な模様。
早い段階でスポーツ紙に名前が挙がる外国人は結局獲らないことも多いのですが、今回はスムーズに契約まで漕ぎ着けることができました。
このロサリオはメジャーでも通算OPS.779を残している強打者。
近年の阪神は中距離打者の外国人を獲得することが多かったのですが、ロサリオは疑いようのない長距離打者です。
また通算打率もメジャーで.273、韓国で.330となっており、決して荒っぽいだけの打者というわけではありません。
映像を見ると、逆方向にもライナー性の打球でスタンドインさせていたりしています。
四球はメジャーでも韓国の1年目でも少なかったのですが、韓国2年目となる今シーズンはボールを選ぶことを学んでおり出塁率を大幅に上げています。
年齢がまだ20代という所も高ポイント。
来年の4番を託されることは、間違いないでしょう。

ホームランバッターで、率も残せて、メジャーでの実績があって、アジアでの野球経験もあって、まだ20代で、韓国では日本人のコーチから指導を受けていたというロサリオ。
この選手でダメだったらもう仕方がない・・・そう思えるだけの大物を、フロントは獲ってきてくれたと思います。
新助っ人に期待をするとガッカリすることも多いのですが、この選手に関しては遠慮なく30本を期待させて貰います!


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280