阪神タイガース2018年開幕オーダー(スタメン)予想

ロサリオを獲得し、このオフの補強が(多分)終了した阪神タイガース。
大砲を得たことで、2018年は得点力アップを期待することができます。
ここでは、開幕オーダーの現時点での予想をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

予想

(二)上本
(遊)植田
(右)糸井
(一)ロサリオ
(左)福留
(中)中谷
(三)鳥谷
(捕)梅野
(投)メッセンジャー

なるべくジグザグになるようにしてみましたが、中谷と鳥谷は逆の方がいいかもしれない。

鳥谷・糸井・福留といったベテラン陣は、金本監督から来季のレギュラーをほぼ明言されています。
またメッセンジャーも、アクシデントが無ければ開幕投手になるのは決定的。
新助っ人のロサリオはもちろん4番で、この5人に関しては開幕オーダーに名を連ねている可能性がかなり高いと言えます。

5人の次に可能性が高そうなのは梅野。
今年のメッセンジャーは全ての登板試合で梅野と組んでおり、故障が無ければキャリアハイとなったであろう成績を記録しています。
来年一番多くマスクを被るのは誰か?となると予想は困難ですが、開幕に関しては梅野が有力ではないでしょうか。

二・中はそれぞれ上本か大山か、中谷か俊介かで迷います。
センターラインは守備が重要ということを考えると、やはり本職である上本か有利か。
中谷と俊介はどちらも守備については問題ありませんが、打線全体のバランスを考えて中谷を置きました。

一番難しいのはショート。
打撃が戻れば北條と思いますが、秋に行われたフェニックスリーグでもまだ調子が上がっていない感じがします。
金本監督は二番に俊足の左打者を置きたがっているようなので、チームトップクラスの走力でスイッチヒッターの植田を選んでみました。
熊谷も入団前からスイッチに取り組んでいるようなので、ひょっとしたら?

(中)俊介
(遊)植田
(右)糸井
(一)ロサリオ
(左)福留
(二)大山
(三)鳥谷
(捕)梅野
(投)メッセンジャー

先に挙げたものと迷ったのがこのオーダーです。
2番に植田を置くとすると中軸タイプの中谷と大山、1番を打てる俊介と上本は別々にした方がしっくり来る気がします。

北條の打撃が復調、さらに鳥谷を上位に戻すのなら・・・。

(遊)北條
(三)鳥谷
(右)糸井
(一)ロサリオ
(左)福留
(二)大山
(中)中谷
(捕)梅野
(投)メッセンジャー

このように選球眼に優れた北條・鳥谷の新旧ショートによる1・2番、そして糸井・ロサリオ・福留のクリーンナップの後に大山・中谷といった若手スラッガーが並ぶ打線も夢があって面白いんじゃないかなと思います。
もちろん高山や糸原、西岡などここに名前を挙げていない選手にも可能性はあります。
戦力は近年で最も充実をしていると思いますので、オーダーを考えるのが楽しいです。

2018年2月20日追記 続きをアップしました。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280