岩貞8回1失点の好投!高山猛打賞!ようやく甲子園で巨人に勝った

19日の試合は岩貞が好投、また打線は高山・北條・板山といった若手が活躍をして勝利!
ようやく、本当にようやく今シーズン甲子園で巨人に勝つことが出来ました。
遅すぎますが、それでも勝てないよりはマシです。

スポンサーリンク

岩貞が3連勝

すっかり、春の状態に戻った岩貞。
これで自身3連勝となり、勝ち負けを8勝9敗と盛り返しました。
またこの試合で投球回数143を超え、これで残り試合投げる機会が無くともシーズン規定投球回数をクリアすることになります。
今シーズン投手では最も成長をし、ローテの一角を守り抜いてくれました。
岩貞にとっても大きな自信となったことでしょう。
来年は12勝以上、エース級の活躍を期待しています。

高山がバックスクリーン弾を含む猛打賞

バックスクリーンを含む猛打賞の活躍を見せ、坪井が持つ球団記録に手が届く所まで来た高山。
バットコントロールはアベレージヒッターのそれなんですが、しかしホームランバッターとしての飛距離も持ち合わせています。
将来どのような選手になるのか、本当に先が楽しみな選手です。
福留のような率を残せてホームランも量産出来るような選手になれば、最高ですね。
打撃タイトルを獲れる素質は間違いなく持っています。

中盤以降追加点が取れなかったのは課題ですが、若い選手が躍動して良い試合だったと思います。
こんな試合があるから、今シーズンはこの順位でも希望が持てるんですよね。
残り試合も、1試合でも多くこんな試合を見せて欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする