2017年シーズンを振り返り!望月惇志の成績 背番号61

高卒2年目のシーズンを終えた望月惇志。
最高球速は155kmにまで伸びたものの、腰痛に悩まされるシーズンとなりました。
オフには手術を受けており、しばらくはリハビリをしながらの練習となりそうです。

スポンサーリンク

成績

(一軍出場なし)

ヘルニアとの戦い

2017年の望月は一軍登板なし。
そして二軍では、7試合に登板をして防御率10.20という成績に終わっています。
腰痛の影響があったことは明らかで、ペナント後のフェニックスリーグでは好投したものの、満足のいくシーズンとはなりませんでした。
そして、12月に腰部ヘルニア手術。
まだ20歳なのですから、痛みを堪えながらプレーするよりも手術に踏み切ったことは良い判断だったと思います。

腰痛さえなければ先発争いにも入ってくる投手でしょうが、こうなったからには焦らずにリハビリに励んで欲しいと思います。
この年齢で155km(156kmとの報道も有り)を投げられるのですから、持っているモノは相当大きいはず。
いつか一軍で輝く姿を、楽しみに待っています。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280