2017年シーズンを振り返り!柳瀬明宏の成績 背番号66

ソフトバンクに戦力外通告を受け、阪神と契約をした柳瀬明宏。
実績十分の右腕でしたが、その実力を発揮することはできませんでした。
1年限りで戦力外となり、現役引退を選んでいます。

スポンサーリンク

成績

            

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率
2 1 2/3 43.20 0 0 0 0 0 0.00

二軍では通用も

二軍での柳瀬は37試合に登板し、防御率1.82。
別格の働きをし、状態は決して悪くなかったことが伺えます。
ただ2017年阪神のリリーフ陣は近年稀に見る充実度。
柳瀬自身も一軍での2試合目の登板となる広島戦で大炎上をしてしまい、以降登板機会はありませんでした。
それでもリリーフがもう少し弱かったチームならチャンスはあったでしょうが、このあたりは少々ツキの無さも感じます。
阪神ではこれまで戦力外の加藤・人的補償の高宮・トレードの桑原といったリリーフ投手が2年目以降に活躍をしてきましたが、柳瀬は年齢もあってか1年で解雇されることになりました。

引退後はソフトバンクに戻り、ジュニアアカデミーのコーチを担当するとのこと。
阪神では活躍できませんでしたが、かつては強豪チームの主力投手。
その豊富な経験は、指導に必ずや活かされることでしょう。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280