あえて現メンバーで阪神の2017開幕スタメンを予想してみる

ドラフト、新外国人、もしかしたらFAも?
オフに補強があることは百も承知。
その上であえて現メンバーから来季の開幕オーダーを予想したいと思います。

スポンサーリンク

現メンバーで考える2017開幕オーダー

(遊)北條
(二)大和
(左)高山
(右)福留
(一)ゴメス
(三)鳥谷
(捕)原口
(中)江越
(投)メッセンジャー

解説

福留・高山・北條。
このあたりは補強がどうなろうと、来シーズン開幕スタメンに名を連ねている可能性は高いと思われます。
また今シーズン藤浪が苦戦したことを考えると、メッセの3年連続開幕投手もほぼ決まりではないでしょうか。

それ以外の選手を見ていきますと、まずは鳥谷。
二塁というプランもありますが、二塁もやはり足に負担の大きいポジションなので三塁にしてみました。
現メンバーだと対抗選手は陽川、今成あたりになるでしょう。

残留が微妙となっているゴメスは、もし残るとあらばやはりスタメンで使うべき選手です。

そして原口はキャッチングに不安が残りますが、去年・一昨年はファームでもほとんど捕手のポジションについていませんでした。
それなのにリード面で一定の成果を見せていることを考えると、コンバートはもう1年見てからでも遅くはないのかなという気がします。
何より打撃を考えると、ポジションがどこであれスタメンから外すのは惜しい存在です。

そしてセンターとセカンドはそれぞれ中谷・上本と迷いましたが、守備を考えて江越・大和にしてみました。
また2番は大和より鳥谷の方が向いていると思いますが、打順における左右のバランスを考えて大和を上げてみました。
今シーズンの阪神は守備で散々苦戦をしましたが、江越と大和を固定出来るようだとグッと引き締まることになります。
特に大和はその存在だけで投手の心理面に好影響を与えるはず。
そのためには固定して起用されるくらい、打たなければいけません。

強化ポイント

こうして見ると、やっぱり特に内野が物足りないかなという印象があります。
大和・上本はレギュラーのチャンスを掴み切れなかった選手ですし、負担が減ったからといって鳥谷の打撃が戻るとも限りません。
もちろん期待はしていますが、やはりこの辺は強化ポイントとなるでしょう。
ドラフトでは吉川・京田・石井・源田といった即戦力ショートの誰かを獲る線が強いと思いますが、その選手と北條のどちらかを二塁に転向させて二遊間を組ませるということも十分あり得ます。
二塁は板山も練習をしていますので、成長に期待をしたいですね。

また外野ではFA選手の獲得が噂をされていますが、そうなると福留の負担を減らすために一塁転向ということも考えられます。
実現すれば、外国人枠はサードに使うのではないでしょうか。

キャンプでレベルアップを

今秋のキャンプは去年以上に猛練習となることが予想されます。
特に守備面はかなりしごかれるのではないでしょうか。
個々がレベルアップをして、競争を激化して欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする