榎田と西武・岡本洋介がトレード

阪神・榎田と西武・岡本の両投手のトレードが14日に発表されました。
岡本投手の2017年成績は、14試合に登板し6勝3敗1S 防御率5.34。
金本監督になってからのトレードは初となります。

スポンサーリンク

右の先発候補か

岡本は先発も中継もという投手のようで、左右の違いはあれど起用法には榎田と被る所があります。
ただ岡本の方がより先発色が強く、昨年は14試合登板の内12試合に先発登板。
中継ぎとしては左の榎田の方がまだ阪神の事情に合っていますので、先発として獲得したのではないでしょうか。
確か榎田はドラフト当時、一部メディアで西武のドラ1予想にも挙げられていたと記憶をしています。
結局西武は6球団競合の大石のクジを引き当てたのですが、もし外れていれば榎田を指名していたのかもしれませんね。
入団2年目までは主力リリーフとして大活躍したものの、その後は手術もあり伸び悩んでしまった榎田。
ドラフトから7年在籍した選手のトレードで寂しさもありますが、お互いにとって良い結果になって欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280