2018年ドラフト指名結果! 上位を野手で固める

根尾選手か、藤原選手か、それとも吉田選手か。
最後まで公言をしなかった阪神が選んだのは、外野手の藤原選手。
しかし、またしてもクジを外す結果になりました。

スポンサーリンク

指名選手

1位 近本光司 外 大阪ガス

2位 小幡竜平 内 延岡学園

3位 木浪聖也 内 Honda

4位 齋藤友貴哉 投 Honda

5位 川原陸 投 創成館高

6位 湯浅京己 投 BC富山

育1 片山雄哉 捕 BC福井

1位 近本光司

高校生野手のクジはとことん外す阪神タイガース。
ただこれは攻めた結果でもありますので、仕方無し。
外れ1位の辰己選手のクジも外し、最後に選んだのは社会人MVP(橋戸賞)の近本光司選手。
高校生No.1外野手→大学生No.1外野手→社会人No.1外野手というのは一貫していると言えば一貫しています。
小柄で俊足巧打の左打ち。
赤星タイプのようでもありますが、社会人ではクリーンアップを打っており逆方向にスタンドインしていた選手でもあります。
プロでの成功イメージは.300 5~10本 30盗塁以上になるのではないでしょうか。

2位 小幡竜平

高校生内野手の獲得が急務となっていた阪神。
根尾選手・小園選手・太田選手がすでにいない2位で選んだのは、小幡竜平選手でした。
小幡選手は知名度こそ上記3人に劣るものの、九州を代表する選手の1人。
野球センスや身体能力の高さに定評があり、打てる遊撃手への期待が膨らみます。
大事に育てて欲しいですね。

3位 木浪聖也

木浪聖也選手は社会人No.1ショート。
社会人に入って打撃が成長したようで、野球系ユーチューバーであるクーニンさんのチャンネルで本人は長打力をセールスポイントに挙げています。(リンク)
二塁や三塁もこなすユーティリティー性も大きなポイント。
即戦力として、来年は年齢も近い植田や熊谷と一軍枠を争うことになりそう。
ただ社会人内野手をこの順位で獲得したことで、もしかして上本残留の手ごたえがあまり無いのかと少し不安になりました。

4位 齋藤友貴哉

4位は、外れ1位で消えると予想する声も多かった齋藤友貴哉選手。
ここまで残っているのは意外でした。
最速153kmのストレートを投げる力投型で、高校時代は横山の後輩だった選手です。
先発はもちろん、中継ぎ適正もありそう。

5位 川原陸

やはり今年も指名した高校生投手、川原陸選手。
ただ左腕に限っては長らく獲っておらず、久しぶりの指名となります。
185cmと大柄な左腕としては制球が良く、将来性の高い選手。
数年後の先発として、大きく育てて欲しいと思います。

6位 湯浅京己

湯浅京己選手は最速151kmの本格派投手。
まだ19歳という若さで、高校生投手をもう1人指名したようなもの。
投手を始めて2年しか経っておらず、その伸びしろに期待が持てます。

育成1位 片山雄哉

片山雄哉選手は強肩強打、そして俊足の捕手。
年齢は24歳になります。
阪神には20代の捕手が多いので、場合によってはコンバートも?

野手中心の指名

高校生・社会人・独立のみで大学生はなしと、阪神では珍しい指名。
また上位3位を全て野手に使っており、センターラインを強化したかった狙いが伺えます。
本音を言えば高校生の大砲タイプや外野手も獲って欲しかった所ですが、それは来年に持ち越しとなりました。
近本選手・木浪選手・齋藤選手にはルーキーシーズンから一軍争いをして欲しい所。
5年後に、この中からチームの中心になっている選手が1人でも多くいることを願います。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280