2018年シーズンを振り返り!坂本誠志郎の成績 背番号12

今シーズン、自己最少の出場試合数に終わった坂本誠志郎。
ゴールデングラブ賞を獲得した梅野や、代打の切り札として活躍した原口に押される形となりました。
遅れた分を取り戻すためにも、攻守共ににレベルアップが求められます。

スポンサーリンク

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 得点圏 OPS
15 .154 0 1 0 .250 .231 .481

正捕手争いに敗れる

梅野か、原口か、坂本か。
キャンプの段階では誰が開幕スタメンに名を連ねるのか定まっていない状況でした。
その争いを制したのは、梅野。
そして梅野が正捕手として十分な働きを見せたため、坂本に出番が回ってくることはほとんどありませんでした。
出場試合数はわずか15。
打撃では梅野を超え得る原口と違って、坂本には尖っている部分がないのもネックになりました。
坂本がここから正捕手を獲得するためには、攻守共にレベルアップして総合力で梅野に勝る必要がありそうです。

3者が均等に近かった今年の春季キャンプ。
しかし、来年は梅野優位となることが予想されます。
このオフはこれまでよりも強い危機感を持って、練習に取り組んでいることでしょう。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280