2018年シーズンを振り返り!岡本洋介の成績 背番号13

今年3月、榎田とのトレードにより阪神に加入した岡本洋介。
そんな岡本は昇格と降格を繰り返しながらも、シーズン途中からリリーフ陣に定着。
ビハインドでの登板やロングリリーフといった役回りを担ってくれました。

スポンサーリンク

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP
34 44 2/3 3.83 1 0 0 2 30 6.04 1.28

便利屋としてチームに貢献

ホールドの少なさを見てもわかるように、勝ちパターンの一角というよりは便利屋のような役回りとなった岡本。
華々しい役とは言えないのかもしれませんが、岡本は自分の仕事をきっちりと果たしてくれました。
防御率3.83というその数字以上に、チームに貢献をしてくれた選手だと思います。
ストレートでグイグイ押すタイプの投手が多い阪神だけに、岡本のような技で抑えるタイプの選手は希少。
来年も、仕事人と呼ぶに相応しい働きを見せて欲しいと思います。

球児、能見、桑原、そして岡本と頼れるベテランの多いリリーフ陣。
去年があまりに出来すぎだっただけで、今年も中継ぎは良くやってくれたと思います。
チームが浮上するには若手の成長が必要不可欠ですが、彼らの存在もまた欠かすことは出来ません。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280