左のエース・岩貞4連勝!最下位を阻止

本日25日の試合は、4-1で勝利。
岩貞が6回無失点で自身もチームも4連勝となりました。
この試合の勝利で阪神は5位以上が確定をしました。

スポンサーリンク

左のエース

6回を終わった所で降板したものの、スコアボードに0を並べた岩貞。
これで9月は4勝をマークし、防御率も0点台。
同じく9月4勝の野村は防御率が1.88なので、月間MVPは岩貞の方がかなり有利な状況です。
飛躍した今シーズンを気持ち良く締めくくるためにも、ぜひ岩貞に獲って欲しい所です。

またシーズンの勝ち星は9勝となり、防御率ランキングも6位。
右のエースがメッセなら、左のエースは岩貞と言っていいでしょう。
問題はこの活躍を来年以降も続けられるかですが、謙虚な岩貞のことですから少なくとも慢心はしないはず。
春や秋の調子を1年続けることが出来れば15勝クラスの投手になれますので、スランプに陥りそうになった時の対処法を身に付けて欲しいですね。

上本が3点タイムリー

打の主役は上本で、この日は先制の3点タイムリーを放ちました。
序盤は低調だった打率は.264まで上がり、また出塁率は.350と「らしい」数字に。
やはり攻撃面においては、西岡と比べてもそれほど引けを取りません。
大和がもう少し打てればレギュラー確定なように、上本も守備がもう少し良ければセカンドは決まりなのですが・・・。
西岡が来年の開幕には間に合いそうもないとはいえ、セカンドの争いには鳥谷やまだ見ぬルーキーも加わってくる可能性があります。
そうした競争に勝って、来季こそレギュラーを掴むことが出来るのでしょうか?

Bクラスで喜ぶわけにはいかないのでしょうが、これだけ若手を使って最下位を免れたのは一定の評価に値すると思います。
畑を耕し、種を撒く。
今シーズンはこの2つを同時に行ったくらいの成果があるのではないでしょうか。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする