オネルキ・ガルシアを獲得 今季13勝9敗2.99

17日、オネルキ・ガルシア選手の入団が正式に発表されました。
ガルシアは今季中日でプレーし、13勝9敗。
FAで獲得した西と合わせ、先発陣を大幅に強化することに成功しました。

スポンサーリンク

今季13勝左腕が加入

代理人とフロントとの契約年数の相違により、中日と破断したと報じられていたガルシア。
そのため阪神が獲るのなら複数年契約になると思われましたが、まさかの単年契約での獲得となりました。
棚から牡丹餅というか漁夫の利というか、韓国球界などから先発型の助っ人投手を探していた阪神としては願ってもいない補強となりました。

今シーズン中日のエース格として活躍をしたガルシア。
ただ不安点も無いわけではなく、屋内球場と屋外球場の成績に大きな差があります。
屋外球場の成績が悪い理由はマウンドの固さなのか、それとも気候によるものなのか。
前者なら阪神園芸が固さを調整をしてくれるでしょうが、後者ならば慣れてもらうしかありません。
それでも未知数の新外国人よりも計算が立つのは確かで、表ローテとしての活躍は十分に期待することができます。

メッセ・西・ガルシア・岩貞・秋山・藤浪。
西とガルシアの加入により、現時点でローテーションの予想をすると6人全員が二桁勝利経験者になります。
間違いなく、リーグトップクラスの先発陣です。
ただ開幕ローテのメンバー全員がシーズン終了まで1度も脱落しないというのは、優勝するようなチームでもまずありません。
そうなった時にローテの質が落ちないよう、若手の成長は不可欠です。

残るは大砲

西・ジョンソン・ガルシアとここまでは順調に補強を進めている阪神。
残るは主軸を任せられる、大砲タイプの助っ人となります。
年内には決まる見通しのようで、副社長は「楽しみにしていてください」と語っています。
そこまで言うからには、ある程度メジャーの実績がある選手と交渉をしているのでしょうか。
残る1つのピースは誰になるのか、その日を待ちたいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280