2018年シーズンを振り返り!藤川球児の成績 背番号22

ブルペンのリーダー・藤川球児。
阪神復帰3年目となる2018年はシーズン途中から勝ちパターンに定着し、21ホールドをマーク。
今年も火の玉ストレートは健在で、高い奪三振率を記録しています。

スポンサーリンク

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP
53 54 1/3 2.32 5 3 2 21 67 11.10 1.21

火の玉健在!

2017年は52試合に登板して6ホールドと、同点やビハインド時での登板が多かった球児。
しかし2018年はマテオが調子を崩したことなども背景に、シーズン途中から勝ちパターンに定着。
終盤に右ひじ痛による離脱もありましたが、阪神復帰後最多となる53試合に登板しチームに貢献してくれました。
その奪三振率は11.10と、わかっていてもバットに当たらない火の玉ストレートはいまだ健在。
今年も、ブルペンの柱としての活躍が期待されます。

抑え復帰なるか?

過去3年は与えられた仕事を黙々とこなしていた球児ですが、このオフは抑え復帰への願望も見せています。
ドリスなど他の投手との兼ね合いもありますが、矢野監督も球児の抑え復帰を真剣に検討している様子。
これが実現するとなると見えてくるのが、あと23セーブに迫った名球会。
シーズンを通して抑えを担えれば、今年中に名球会入りする可能性はかなり高いでしょう。
矢野監督が最終的にどう判断するかわかりませんが、このオフの発言を読む限り、抑え球児にかなり気持ちが傾いているような気がします。

すでに経験が十分過ぎるほどある球児なら、抑え独特のプレッシャーに潰れる心配もないでしょう。
桑原・能見・ドリスがリードを守り、最後を球児が締める。
今年はそのような試合を多く見せてくれるのではないでしょうか。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280