阪神タイガース 2016年戦力外選手

今年も戦力外選手通告の時期が訪れました。
1日に明らかになった阪神の戦力外選手は、筒井・小嶋・鶴・二神・岩本・坂・柴田・トラヴィス・一二三の9選手です。
若手・中堅・ベテランそれぞれから戦力外が出ることになりました。

スポンサーリンク

ベテラン

鳥谷と同期である、筒井。
セットアッパーとして活躍をしていた時期もありましたが長くは続かず、そしてついに戦力外が言い渡されることになりました。
2軍での防御率は3.08と悪くはありませんが、しかしやはりこの年齢の選手ならば1軍で試合に出ないと厳しいものがあります。
左でかつては1軍で通用していたとあって、現役続行とあれば獲ってくれる球団もあるのかもしれません。

中堅

小嶋・鶴・二神はドラフト1位(小嶋は希望枠)で入団をしましたが、3人ともあと一歩の所でチャンスを逃してきたように思います。
二神は昨年1軍で活躍の兆しを見せていたことから残すのではと思っていたのですが、そうはいかなかったようです。
まだ衰えるような年齢でもありませんし、投手は野手より需要があると思いますので何人かはトライアウトを受けるのでしょう。

坂は長年サブとして試合に出場をしていた選手ですが、今年は若い選手がこれだけ出てきたとあって出番がありませんでした。
また柴田は終盤に1軍に呼ばれていましたが、そこで結果を出すことが出来ませんでした。
坂も柴田も阪神ファンにとってはお馴染みの名前ですが、しかしやはりプロには結果が求められます。

若手

岩本は高卒2年目のシーズンに2勝を挙げ将来が期待されましたが、しかしそこから飛躍をすることが出来ませんでした。
どこか故障をしているのか、今年は2軍でもあまり投げていません。
一二三とトラヴィスは、共に育成選手。
育成から這い上がるのは容易なことではなく、支配下登録をされる前に退団になるケースはプロ野球界では見慣れた光景です。
一二三は今シーズン結果を残すことが出来ず、またトラヴィスもほとんど投げていないので止むを得ない所でしょう。
ただこの3人はまだまだ若いので現役を続けるチャンスはあると思いますし、もし引退を選んだとしても第二の人生には切り替えやすいのではないでしょうか。
それでもショックはショックでしょうが、新天地で頑張って欲しいと思います。

引退選手や外国人選手も含めると、すでにかなりの人数が阪神のユニフォームを脱いだことになります。
今年のドラフトは育成を含めて、10人くらいは指名をするのかもしれません。
まだ現役を続ける選手もいるでしょうが9人には一旦、お疲れ様でしたと言わせていただきたいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする