2016年シーズンを振り返り!前田大和の成績 背番号0

チーム屈指の守備力を持つ前田大和。
その守備は今シーズンも存分に発揮され、ショートを任された試合もありました。
1軍に無くてはならない存在です。

スポンサーリンク

成績

試合  111
打率  .231(229-53)
本塁打 1
打点  20
盗塁  3
出塁率 .270
長打率 .323

まさかのホームラン

今年の大和と言えば、忘れてはならないのが5月に広いナゴヤドームで放った決勝ホームラン。
キャンプから取り組んでいた長打力増が実を結んだ瞬間です。
しかしその後は調子が上がらず、終わってみれば.231。
盗塁も3と、3割・3本・30盗塁を掲げていた今シーズンですが寂しい数字に終わりました。
レギュラーで使われ続けるためには、やはりもう少し打たなければいけません。

守備では貢献度大

2017年の開幕スタメンを予想することになった時、大和の名前を入れる人は半分以下と思われます。
しかし1軍枠ということになると、大和を外す人はいないのではないでしょうか。
それほど大和の守備というのは大きく、動きからして他の選手と違います。
しかも内外野を守れるのですから、これほどベンチに置いておきたい選手は他にいないでしょう。
今年は守備に大いに悩まされた阪神ですが、大和がいなければもっと酷いことになっていたのは間違いありません。

守備なら他の追随を許さないだけに、レギュラーを獲るための課題ははっきりしています。
それは大和も重々承知していることでしょう。
その課題を2017年こそクリアして欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする