2016年シーズンを振り返り!横山雄哉の成績 背番号15

昨年に受けた手術の影響で、今シーズン出遅れてしまった横山雄哉選手。
復帰後はローテ定着かと思われるような投球を見せましたが、しかしまたしても故障に見舞われることとなりました。
ドラ1に相応しい能力を持っているだけに、勿体無さを感じる選手です。

スポンサーリンク

成績

登板  3
投球回 15 1/3
防御率 2.93
勝敗  2勝0敗
セーブ 0
HP   0
奪三振 16

故障に悩まされたシーズン

今シーズンの1軍登板はわずか3試合に留まり、故障に悩まされたシーズンとなりました。
ただその3試合の内2試合は好投を見せ、実力をアピール。
1年間ローテーションを守り切ることが出来れば、岩貞に匹敵するような投手になるのかもしれません。
そのためには、とにかく故障で離脱をしないことが重要です。
肩をしっかりと作り、来年はキャンプからローテーション争いをして欲しいと思います。

今年もウインターリーグに参加

台湾で開催されるウインターリーグに、横山も2年連続で参加をすることが決まっています。
昨年参加をした岩貞が飛躍をしただけに、横山にも更なる成長が期待されます。
また現在開催されているみやざきフェニックスリーグにも参加をしており、11日の登板ではヤクルト相手に6回2/3を投げ1失点の好投を見せました。
このように1軍であまり投げれなかった分、実戦経験をどんどんと積み重ねています。
岩崎がリリーフに回り能見にも同様の構想があるだけに、横山に対する球団の期待も大きいことでしょう。

井川、能見、岩田、岩貞・・・阪神は左腕の育成には定評があります。
それだけにこの横山も、先発で10勝出来るような投手に育てて欲しいと思います。
その時が来るのは、もしかしたら来シーズンかもしれません。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280