2016年ドラフト指名結果! 2年連続のサプライズ

今年の阪神のドラフトはまたもサプライズ、それも去年以上のサプライズとなりました。
その最も大きな理由が、1位に大山悠輔選手を指名したことです。
それでは、そんな2016年ドラフトを振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

指名選手

1位 大山悠輔 内 白鴎大
2位 小野泰己 投 富士大
3位 才木浩人 投 須磨翔風高
4位 浜地真澄 投 福岡大大濠高
5位 糸原健斗 内 JX-ENEOS
6位 福永春吾 投 徳島インディゴソックス
7位 長坂拳弥 捕 東北福祉大
8位 藤谷洸介 投 パナソニック

1位 大山悠輔

田中か佐々木か。
そのどちらか、直前にはほとんど佐々木ではないかという予想が多かった状況で阪神が指名をしたのは三塁手の大山悠輔選手でした。
阪神が大山選手に注目をしているという記事は確かに以前からありましたが、その後中谷がサード練習をしていると聞いて立ち消えになったかと個人的には思っていました。
それがまさかの1位指名。
去年の高山もサプライズではありましたが、あの時は最上位候補のリストに残っているという報道はありました。
今回はそれすらなかったわけですから、本当に驚きました。

今年の阪神は打線が弱い。
だから投手豊作だろうとなんだろうと1位は野手に使う。
そう考えるとシンプルではありますね。
去年は、野手で最も評価が高かった高山を指名しました。
そして、大山が今年の候補で最も打撃が買われている選手であることも間違いありません。
将来的に高山とクリーンナップを組んで、リーグトップクラスの打線を形成して欲しいと思います。

また大山の本職はサードですが、内野全般を守れるとのことです。
二遊間のスペシャリストを指名しなかったこともあって、もしかしたらセカンドにコンバートされることもあるかもしれませんね。
センターラインにスラッガーがいると打線編成上かなり有利になりますので、セカンド守備がプロで通用するレベルであれば挑戦をさせて欲しいと思います。

投手は将来性&体格重視か

投手は5人を指名。
高校生の才木浩人選手・浜地真澄選手だけではなく、大学生の小野泰己選手も伸びしろが大きく評価されている選手です。
投手は今シーズンチーム防御率2位ということもあって、即戦力よりも将来性を重視した指名となったのでしょう。
福永春吾選手は最速152km、独立リーグ出身で高校時代の故障を乗り超えた苦労人。
藤田洸介選手は194cm95kgという藤浪ばりのサイズを持っている選手です。
また藤谷選手だけではなく今年指名をした投手は全員180cm以上となっており、そうした体格も考慮しての指名となったのではないでしょうか。

内野と捕手を強化

その他に指名をされたのは、5位の糸原健斗選手と7位の長坂拳弥選手。
糸原選手は高山・坂本の大学の先輩にあたります。
三塁手となっていますがセカンドとショートも守ることが出来ます。
また捕手は高校生を指名するとの報道が直前にありましたが、実際に指名されたのは大学生の長坂選手でした。
坂本と似た守備型捕手とのことなので、お互いにしのぎを削って欲しいと思います。

ことごとく報道を外した指名

1位は佐々木。
捕手は高校生。
育成指名にも参加。
今シーズンはこうした報道をことごとく外した結果となりました。
直前の報道で正解だったのは、糸原の指名くらいでしょうか?
以前はポロポロと情報が漏れていたのですが、去年から明らかにそれは変わりました。
戦略のためには良い傾向と思いますので、今後も続けて欲しいと思います。

評価を覆せるか

去年もそうでしたが、今年の指名はそれ以上にメディアなどからの評価は悪いです。
個人的には二遊間を本職とした選手と左投手を指名しなかったことに不安が残りますが、スカウトが本当に良いと見込んだ選手はポジションには関係なく獲るべきとも思います。
何よりも去年のドラフトは成果を残しており、ドラフト直後の評価がまるで当てにならないことは証明されています。
今年のドラフトもそういう指名になってくれることを願います。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280