2016年シーズンを振り返り!森越祐人の成績 背番号37

中日の戦力外から阪神に入団をして2年目を終えた森越祐人。
しかしここまでは、存在感を見せることが出来ていません。
来年こそ、一軍定着となるでしょうか?

スポンサーリンク

成績

試合  2
打率  .000(1-0)
本塁打 0
打点  0
盗塁  0
出塁率 .000
長打率 .000

わずか2試合の出場

今シーズン、わずか2試合の出場に終わった森越。
一方二軍ではチーム最多の92試合に出場をしましたが、打率.223と結果を残せてはいません。
下でこれほど出場試合が多いのは、内野をどこでも守れることできるから。
しかしこのままでは、二軍の便利屋に終わってしまいます。
もっと打力を身に付けないと、来年も一軍で見る機会は少ないのかもしれません。

二軍のスタメン争いも激化か

このオフ、阪神は二軍で77試合に出場した柴田と69試合に出場した坂を戦力外にしています。
こうした事情から、来年の二軍のオーダーは今年よりも若手主体になることが予想されます。
ましてや内野には大山と糸原という2人の新人が加入をしました。
しかも2人とも森越と同様に内野全般を守れるという話なので、この2人が1軍にいても2軍にいても森越の立場は今年より厳しくなると思われます。
どちらにせよ森越は、これまで以上のアピールをして何としても一軍の切符を掴まなければなりません。

来年は、崖っぷちのシーズンとも言える森越。
今の立場は、本人が誰よりもわかっていると思います。
野球人生を賭して、臨むのではないでしょうか。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280