元ホークスの柳瀬を獲得!豊富な経験を武器に一軍定着なるか

福岡ソフトバンクホークスを戦力外となった柳瀬明宏の獲得が発表され、入団会見が行われました。
同選手は右投げのリリーフ投手。
背番号は二神が付けていた「66」に決まりました。

スポンサーリンク

実績は申し分無し

柳瀬はこれまでに216試合に登板をしており、防御率は3.00。
実績的には素晴らしいものがあり、そして優勝を経験している選手です。
今の阪神は若い選手が多く優勝を経験した選手が少なくなって来ています。
そのため柳瀬には勝負所での働きや、また若手にその経験を伝える役割も求められていると思います。

復活なるか

今シーズンは一軍で2試合の登板に留まっており、また二軍での成績も低調に終わっています。
だからこそ戦力外となったわけですが、33歳というのは復活が絶望的な年齢というわけではありません。
阪神にしても福原や安藤が今の柳瀬くらいの年齢からリリーフで復活をしましたし、また高宮も33歳という年齢で昨年キャリアハイの成績を残しました。
もしかしたら柳瀬も、ここから福原や安藤のような道のりを歩んでくれるかもしれません。
とは言えそれは簡単なことではないでしょうが、復活を期待したいと思います。

ドラフトが終わり、柳瀬を獲得し、あとは糸井と新外国人の動向で来年の戦力が固まりそうです。
秋季キャンプでは高山・北條・原口といった若手が順調な成長を見せており、それぞれ成績の上積みを予感させます。
補強が上手くいけば、Aクラスを十分に狙えるでしょう。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする