糸井獲得の人的補償はどうなる?阪神タイガースのプロテクトを予想

金本監督の「初恋」が実り、糸井獲得に成功した阪神タイガース。
それは良いのですが、オリックスに糸井の旧年俸の60%もしくは40%+人的補償を支払う義務が発生をすることになります。
もちろんその選択権はオリックスに委ねられており、後者を選ぶ可能性が高いと言われています。

28人のプロテクト

外国人選手と今年指名をしたドラフト選手、そして球団が任意に選んだ28人の「プロテクト」選手は人的補償の対象外となります。
過去にはこのプロテクトから漏れた、赤松や高濱といった選手が他球団に移籍をすることになりました。
それでは、その28人のプロテクト選手を予想したいと思います。

予想

(投手) 能見 横山 安藤 岩貞 藤浪 岩田 石崎 高橋 青柳 松田 望月 岩崎 島本 13人

(捕手) 坂本 梅野 原口 3人

(内野手) 大和 鳥谷 北條 上本 陽川 植田 6人

(外野手) 福留 高山 横田 江越 中谷 板山 6人

投手

最も悩んだのは投手。
特に、球児と岩田はどうなるのかで悩みました。
今年の球児の救援防御率は3点台中盤となりますが、開幕からリリーフに専念する来年はもっと良くなる可能性があります。
ただ右のリリーフはメンデスを獲得しており、松田も成長をしています。
年俸と年齢を考慮しても、外しても獲れらにくいのではと判断をしました。
看板選手なだけに、仮に獲られた場合は騒ぎになると思いますが・・・。

岩田は今年の成績だけを見ると、プロテクトされるとは思えないくらい悪いと言えます。
しかし去年・一昨年はローテーション投手として活躍をしており、就任当時の金本監督からはメッセ・藤浪・能見と共にローテ当確を名言されていた程。
このオフ阪神はドラフト以外で先発投手の補強をしておらず、また左の岩崎をリリーフに回すことが決まっています。
そのため岩田を外すのはリスクが大きいとして、残すことにしました。

捕手

捕手はこの3人でほぼ決まりではないでしょうか。
梅野の今年の打率は1割台ですが、それだけで外すとは思えません。
原口のコンバートの可能性もある以上、プロテクトに入ると思います。

内野手

内野手は投手の次に迷いました。
中堅になり今年の出場試合数が少ない上本がどうなるかで特に迷いましたが、攻撃面では出塁率.350程度を計算出来る選手です。
西岡の怪我や二遊間の薄さを考えても、やはり外せないと判断をしました。

外野手

外野は福留の他は、期待の若手で固めました。
生え抜きのスラッガーを育てるためにも、やはり彼らは残して欲しい所です。
中谷と板山は内野の練習もしていますので、何年後には高山・横田・江越・中谷・板山が同時にスタメンになる日も来る・・・かも?

まとめ

上の予想では球児・西岡といったスター選手。
榎田・今成といった中堅選手。
また若手では歳内・秋山といった選手を外しています。
選んでわかったのは、若手の成長により以前よりも予想が難しくなったこと。
誰が選ばれるのかはわかりませんが、選ばれた選手にはオリックスで活躍をして欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280