2016年シーズンを振り返り!鶴直人の成績 背番号46

高校の頃は、元巨人の辻内・中日の平田・オリックスのT-岡田と共に「浪速の四天王」に数えらていた鶴直人。
2012年にはリリーフとして活躍をしましたが、その年以外はドラフト1位に相応しい結果を残すことが出来ませんでした。
今シーズン限りで、阪神のユニフォームを脱ぐことになった選手の1人です。

スポンサーリンク

成績

登板  2
投球回 2 1/3
防御率 7.71
勝敗  0勝0敗
セーブ 0
HP   0
奪三振 0

わずか2試合の登板

今シーズンの鶴はわずか2試合の登板。
また2試合とはいえ結果を残すことが出来ず、シーズンの大半を2軍で過ごすことになりました。
その2軍での成績は、リリーフとして防御率2.25という成績を残しています。
恐らくは1軍で起用を続けても、敗戦処理くらいの働きなら出来ていたと思われます。
ただ来年で30歳ということもあり、伸びしろも少ないと判断されて戦力外となったのではないでしょうか。

トライアウトを受験

現役にこだわり、トライアウトを受験した鶴。
11月という寒さにより球速が出にくい環境にありながらも、144kmをマーク。
打者3人を無安打に抑えアピールをしました。
ただ今の所、どこかの球団が獲得に動いたという情報はありません。
11月中に連絡が無ければ厳しそうですが・・・。

2012年の活躍には、やっと鶴が戦力になってくれたと喜んだものです。
翌シーズン以降も一軍定着を期待しましたが、やはりプロの世界は厳しい。
来年もどこかで野球を続けるのか身を引くのかはわかりませんが、新たな環境で頑張って欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする