横田がウインターリーグでホームラン!フォーム固めは順調か

台湾で行われている、ウインターリーグ。
阪神からは横田・坂本・青柳・横山・石崎が、NPBウエスタンチームに派遣されています。
そんなウインターリーグで8日、横田に待望のホームランが飛び出しました。

スポンサーリンク

ライナー性のホームラン

ここまで3割を超える打率を残していたものの、ホームランは無かった横田。
しかしこの日の第5打席では、内角低めの直球を捉えてライトスタンドに持っていきました。
ライトを守っていた選手が一瞬前に出るほどの、ライナー性の打球。
打撃フォームは春先と比べると随分変わっており、現在は落ち着きがあるというかしっくり来ている印象を受けます。
フォーム固めは順調に来ているのではないでしょうか。

糸井という最高の見本

このオフ、阪神に入団をした糸井。
横田にとってはあまりにも大きな壁となりますが、しかし同時に福留と並ぶ最高の見本でもあります。
その高い身体能力を走・攻・守にフルに活かしたプレースタイルは、横田の理想像とも重なるのではないでしょうか。
すぐに糸井みたいになれとは言っても無理な話ではありますが、しかし何年後かは・・・。
本当にそんな選手になって欲しいものです。

ちなみに現在行われているウインターリーグは、AbemaTVのスポーツチャンネルにて中継が行われています。
毎試合中継されているわけではありませんが、登録不要で観ることが出来ますので他に視聴方法が無い人はアクセスをしてみてはいかがでしょうか。
こういうサービスは本当に嬉しいですね。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする