データで見る原口のリード

打撃はセンス抜群も、守備においてはまだよくわからない原口。
前回は肩について触れましたが、今回は原口のリードについて紹介をしたいと思います。
果たして原口は、投手の能力を上手く引き出しているのでしょうか?

スポンサーリンク

捕手別防御率

リードを完全にデータ化した指標など存在しないので、ここでは捕手別防御率を見ていきたいと思います。
原口がマスクを被った時の防御率は、他の捕手と比較をしてどうなのか?
それでは、見ていきましょう。

チームトップの防御率

今年、阪神で1軍のマスクを被った選手は6人。
先発投手の捕手別防御率を良い順に並べてみますと・・・。

原口 62試合 3.32
岡崎 24試合 3.60
梅野 26試合 3.86
鶴岡  2試合 4.15
坂本 13試合 4.39
清水  2試合 9.82

データはヌルデータさんより。
たとえ同じチームでも投手の調子や、誰と多く組んだかのバラつきはあります。
また鶴岡と清水は出番が少なすぎて参考になりませんが、それでも原口がチームトップという結果になりました。
藤浪・能見・岩崎といった投手が、原口と組んだ時に1番良い防御率を叩き出しています。
その中でも岩崎とは1.85(7試合)と相性抜群。
またエースのメッセンジャーと相性が良いのは岡崎で2.61(12試合)の数字をマークしており、原口は3.72(14試合)となっています。

来年からが勝負

こうした数字を見るに、少なくとも原口のリードは他の阪神の捕手よりも劣っていることは無いと思われます。
ただ去年まで1軍で出番が無かった選手なので、相手チームも原口のリードの分析が出来ていなかったのではないでしょうか。
そういう意味で、原口のリードの真価が問われるのは来年なのかもしれません。
相手の研究の上をいけるかどうか?
それには本人だけではなく、矢野コーチなど周囲のスタッフのサポートも必要となるでしょう。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする