2016年シーズンを振り返り!緒方凌介の成績 背番号65

今岡誠、そして桧山進次郎を輩出した東洋大出身の緒方凌介。
2015年は手術の影響もあってか、一軍に上がることは出来ませんでした。
そして今シーズンも出番は少なく、大半を二軍で過ごすことに・・・。

スポンサーリンク

成績

試合  21
打率  .167(24-4)
本塁打 0
打点  0
盗塁  0
出塁率 .167
長打率 .208

一軍定着ならず

21試合で24打数ということからもわかるように、途中出場が多かった緒方。
結果も残すことが出来ず、シーズンのほとんどは二軍暮らしとなりました。
その二軍では80試合に出場をして.291と、3割近い打率をマーク。
一軍のレベルまでもう少しの所まで来ていると思うのですが・・・。
来年こそ、一軍に定着をして欲しい所です。

鍵は走塁か

外野のレギュラーは2枠埋まっており、残り1枠には高山を筆頭に若手がひしめいています。
しかし仮に開幕レギュラーから漏れたとしても、一軍に定着をしている限りチャンスは何度でもやって来ます。
緒方には俊足という武器がありますので、ベンチにいれば代打だけではなく代走としても出番はあるでしょう。
そういった所でアピールを続ければ、やがてスタメンのチャンスもやってくると思います。

2014年に緒方が一軍に上がってきた時は、その思い切りの良いスイングに惹かれたものです。
あの年にレギュラーをモノに出来なかったことが今でも響いている感はありますが、持っている資質はこんなものではないはず。
まだまだ期待をしています。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280