2016年シーズンを振り返り!原口文仁の成績 背番号94

2016年、ファンに最も驚きを与えた選手はこの原口文仁でしょう。
育成から支配下登録。
その後は一気にブレイクし、クリーンナップを任せられるような選手に成長しました。

スポンサーリンク

成績

試合  107
打率  .299(318-95)
本塁打 11
打点  46
盗塁  1
出塁率 .376
長打率 .453

5月に大ブレイク

4月に一軍昇格をした原口。
そんな原口が、ファンに最もインパクトを与えたのは5月のこと。
.380 5本 17打点という月間成績を叩き出し、月間MVPを受賞しました。
この活躍でその名が一気に広まり、オールスターにも監督推薦で選出。
あわやホームランかという痛烈なツーベースを放ちました。
守備面の課題が現れてからはスタメンを外されたり一塁に回ることもありましたが、2016年が原口にとって大きなターニングポイントとなった年であることは間違いありません。
シーズンを迎える前の原口は実績もなく、結果を出せなければクビになってもおかしくないような立場にありました。
それがこうして一軍に欠かせない存在になったわけですから、わからないものです。

捕手?一塁手?

守備面に課題が見える原口。
まだ若く改善の余地は十分にありますが、肩の状態という事情もあり、一塁へのコンバートが検討されています。
また肩の状態を抜きにしても、原口を捕手にするか一塁にするかファンの間でも意見が割れています。
原口を捕手に据える利点は、打撃の弱い選手が守ることが多いポジションにクリーンナップ級の選手を置けること。
城島や矢野のようなスーパー捕手になる可能性を秘めており、上手くいけば大きなアドバンテージを得ることが出来ます。
一塁手の利点は、捕手よりも打撃に専念することが出来て欠場試合も減らせること。
一塁守備も簡単ではないとはいえ、それでも捕手に比べるとリードを考えなくていい分、負担が減るのは間違いないでしょう。
そうなると長所である打撃をさらに伸ばせる可能性がありますし、投手との兼ね合いや休養による欠場試合も減らすことが出来ます。

どちらにもこのような利点がありますが、個人的には肩が大丈夫であればもうしばらくは捕手として見たいと思います。
城島や矢野のような打撃が強い選手が捕手にいると、やっぱり打線の厚みが違うんですよね。
梅野が原口に匹敵するくらい打ってくれたら、原口を一塁に回しても厚みを維持出来るのですが・・・。
どちらでいくのか、2017年の結果である程度の方向性は定まるのではないでしょうか。

肩の状態さえ良ければ、2017年の開幕マスクは原口が本命。
また回復していなかったとしても、その場合は一塁手としてスタメンを張っていると思います。
2016年に届かなかった規定打席をクリアし、打撃成績をさらに伸ばしてくれることを期待しています。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280