2016年シーズンを振り返り!狩野恵輔の成績 背番号99

2015年同様、主に代打として起用された狩野恵輔。
八木-桧山-関本の系譜を継ぐ選手と言えるでしょう。
2017年も切り札としての活躍が期待されます。

スポンサーリンク

成績

試合  66
打率  .241(87-21)
本塁打 3
打点  17
盗塁  0
出塁率 .287
長打率 .356

虎の切り札

打率は2015年の.274よりも落としてしまった狩野。
ただ得点圏は打率よりも高い.279を残し、相変わらずの勝負強さを見せました。
狩野は先に挙げた八木・桧山・関本と違ってレギュラーだった期間が短く、彼らほどの経験を積んでいません。
それもあるのか、「待ち」もあった彼らと比べると自分からどんどん振っているように思います。
どちらが良い悪いというのではなく、これが狩野のスタイルなのでしょう。
3人とはまた違ったスタイルで、これからも暴れて欲しいと思います。

選手会長に就任

これまで選手会長を務めていた上本が退任し、狩野がその座に着くことになりました。
本当なら上本より少し年下の選手が後を継ぐのがベターなのかもしれませんが、中堅が薄いというチーム事情もあり仕方のない所。
テレビ中継では味方がベンチに戻る時に狩野が声を出しながら迎えている姿がよく映し出されており、人望もあることが伺えます。
2017年は選手会長というポジションで、チームをまとめ上げてくれることでしょう。

優勝のためにはベンチ要員の活躍も必要不可欠。
代打の切り札である狩野にも、2016年以上の活躍を期待しています。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280