大山悠輔への期待! 打撃でも守備でも貢献出来る主力選手に

新人合同自主トレがスタートしている阪神タイガース。
今回の新人は全体的にスケール性が評価されている傾向にあり、将来が楽しみな選手ばかりです。
その中でも特に注目度が高いのはやはりドラフト1位、大山悠輔です。

スポンサーリンク

開幕スタメンの可能性も

大学では日本代表の4番も務めた大山。
ただ野手がルーキーシーズンから一軍で活躍をするのは難しく、大学であれだけの安打を放った高山も一時期はスランプに苦しみました。
大砲タイプである大山は対応により苦労することが予想され、首脳陣も恐らくは無理に一軍で起用するつもりはないでしょう。
キャンプは一軍に呼ばれると思いますが、二軍でじっくりと育成しつつ一軍の状況次第で試用するという形になるのではないでしょうか。
ただ内野のポジションが空いていることは事実ですし、練習試合やオープン戦で予想以上の対応を見せた場合は開幕スタメンの可能性も十分にあります。

選球眼と守備に注目

大山は長打が期待される選手ですが、しかし振り回すだけではありません。
大学での成績を見ると四球の数も多く、選球眼もある程度のレベルがあることがわかります。
また二遊間はわかりませんが、本職である三塁守備の評判も上々。
ただこれらもプロレベルに慣れるまでは時間を要するかもしれませんが、将来的には長打力だけではなく確実性や守備力を併せ持った選手になれるのではないでしょうか。

将来のクリーンナップに

これ程の素材なのですから、やはり将来的にはクリーンナップを打つ選手に育って欲しい所。
4番、5番、選球眼を発揮出来れば3番も打てるでしょう。
そして打つだけではなく守備でも貢献出来る、チームに欠かせない選手に成長することを期待しています。
「4番サード大山」というアナウンスを、何年後かに聞かせて貰えれば。

阪神が大山を1位指名した時にはずいぶんと騒がれました。
しかし打撃面の評価が一番高かった選手を指名したと考えると、そう不思議な指名ではありません。
30本も狙えるような、生え抜き大砲に育て上げて欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする