浜地真澄への期待! 球速・制球・変化球・・・全て揃った本格派に

「九州四天王」の1人にも数えられている、浜地真澄。
最速150kmのストレートに多彩な変化球、そして制球も上々でバランスの良さを感じさせる投手です。
数年後の先発候補として、期待をしたい選手です。

スポンサーリンク

一軍抜擢の可能性も?

才木と同様に、やはり濱地もまずは二軍スタートになることが予想されます。
阪神は先発の駒が揃っている部類に入ると思いますので、高卒ルーキーに焦らせる必要は全くないでしょう。
ただ濱地は制球やマウンド捌きに定評があり、あまり大崩れはしなさそうなタイプであることが伺えます。
そのため一軍が谷間の投手に困った時に、そこで抜擢をされるということはあるのかもしれません。
もちろんそれには、二軍で結果を出していることが大前提となります。

安心してローテーションを任せられる存在に

球速・制球・変化球と、総合力に定評のある浜地。
これらをもう1段階、2段階レベルアップすればプロでも通用するレベルの本格派投手になれるのではないでしょうか。
やはりこうした投手には、将来的にはローテーションの一角を期待したい所。
毎年のように10勝前後を計算出来る、安心して先発を任せられる投手になって欲しいと思います。

浜地と才木。
それぞれに特長があり、どう育つのか楽しみな高卒ルーキーです。
彼らが20代前半までにローテーション投手になれれば、阪神の未来もより明るくなることでしょう。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする