青柳好投も球児が被弾 得点はついに最下位に

またも巨人に、またも内海に敗戦。
今年は苦手チーム、苦手投手、苦手打者を一向に攻略出来ない状態でシーズンを終えそうです。
来年にまで引きずらなければいいのですが・・・。

スポンサーリンク

青柳好投も5敗目

初回の満塁のピンチを凌いだ後は、スイスイとアウトを積み重ねていた青柳。
しかし8回に2死球を与え、変わった藤川球児が逆転3欄を浴びることになります。
続投しても点を取られていた可能性は高いように思いますが、絶対的なセットアッパーがいないのですからあそこは青柳にあえて試練を与えるという手もあったと思います。
もしくは現状の調子は松田>球児なのですから、実績に拘らず松田を・・・結果論かもしれませんが。

得点がリーグ最下位に

8日の試合で得点数が459と、巨人に並んでリーグ最下位となりました。
巨人の方が消化試合が少ないので、ほとんど単独最下位のようなものです。
金本監督が主軸と決めた4人(福留・鳥谷・西岡・ゴメス)の内、大きなスランプもなく結果を出しているのは福留だけ。
また中堅が軒並み不調で、高山・北條・原口といった若手に頼らざるを得ない現状。
来年は若手の成長はもちろん、中堅・ベテランにも維持を見せて欲しいところです。

9日は休みで、10日から神宮に移ります。
とにかく勝つんだ。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする