長坂拳弥への期待! 原口・梅野・坂本とレベルの高い競争を

ドラフト直前には高校生捕手を獲得するような報道もありましたが、阪神が指名をしたのは大学生の長坂拳弥でした。
どちらかというと守備の評判が高く、2015年に指名をした坂本と似たような印象もある選手です。
彼の存在が、正捕手争いをさらに激化させることでしょう。

スポンサーリンク

4人目の若手捕手

管理人もドラフト前は高校生捕手を獲得すると予想をしており、長坂を指名した時は少し驚きました。
長坂の獲得により、原口・梅野・坂本と年齢の近い捕手陣にまた1人加わることになります。
ただ1軍の捕手は、基本的には3人。
仮に昨年終盤のように原口・梅野・坂本が1軍となった場合は2軍に若手捕手がいなくなりますので、長坂を指名したことは間違いではありません。
原口・梅野・坂本、そして中堅ベテラン陣とレベルの高い1軍争いをして貰いたいと思います。

打撃にも期待

守備がクローズアップされることの多い長坂ですが、打撃でも15年春に首位打者を獲得しています。
また16年には打点王を獲得しており、出塁率も総じて高め。
プロのレベルではまだまだなのかもしれませんが、しかしそれでも打撃でもこうした結果を残していることは期待を持たせてくれます。
シェアな打撃で勝負強く、守備も優秀な捕手と言えば矢野コーチの現役時代を彷彿とさせます。
阪神で数年に渡り主力で有り続けた捕手は矢野コーチ以降いませんが、今の若手からそれに並び立ち越えるような捕手に現れて欲しいと思います。

タイプが似ており1歳違いとあって、長坂の1年目はいやがおうにも去年の坂本と比較されるのではないでしょうか。
1軍に上がるチャンスはどこかで来ると思いますので、その時にどういうプレーを見せてくれるのか。
注目したいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする