ローテーション5番手最有力!金本監督からの評価も高い青柳晃洋への期待

メッセンジャー・藤浪・岩貞・能見。
そしてその次の、ローテ5番手筆頭候補と言えるのが2年目の青柳晃洋です。
ルーキーシーズンも活躍をしましたが、さらなる飛躍が期待されます。

スポンサーリンク

「将来は15勝」

2月7日付のデイリースポーツにて、金本監督と安仁屋氏の対談が掲載をされました。
その対談上で話題は青柳に及び、安仁屋氏は「絶対10勝する」と断言。
一方の金本監督は、「将来的には15勝つ」と答える場面がありました。

金本監督が青柳を高く買っていることは数々の発言から知っていましたが、思っていたよりもさらに評価をしていたことがわかり少し驚きました。
15勝という数字は、エースと呼ばれている選手ですら簡単には届かない数字です。
阪神で言えば、メッセも藤浪も能見もまだ15勝をしたことはありません。
それほどの素質を金本監督は青柳に感じているというのです。

高速クイック習得

この春季キャンプでの青柳は、高速クイックを習得したことが話題となっています。
速いだけではなく球速も落ちないので、試合でも安定して出来るようならこれは大きな武器になります。
去年の青柳はヒットやホームランよりも盗塁や四球が失点パターンとなってるように見受けられましたが、その盗塁を減らせれば勝ち星は必ずや伸びることでしょう。
5番手どころか、シーズンが終わる頃にはさらにその評価が上がっている可能性もありそうです。

実際に15勝するような大投手に育つかはともかく、ついこないだまで現役の一流スラッガーだった金本監督からそれほどの評価を得ている青柳。
8日の紅白戦でも、着実に成長している所を見せてくれました。
勝ち星・防御率・イニングと、全ての面で昨年を越える活躍を期待しています。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする