ポジション奪取に猛アピール!実戦タイプ・糸原権斗

ここまで2試合の紅白戦を終えた春季キャンプ。
その紅白戦で最も株を上げたのは、ドラフト5位ルーキー糸原権斗でしょう。
開幕一軍どころか、開幕スタメンを取りそうな勢いがあります。

スポンサーリンク

実戦向きの選手

紅白戦2試合で7打数3安打を記録した糸原権斗。
野球選手としては小柄な部類に入りますが、それでも当てようとはせずに振り切る姿には好印象があります。
凡退をした時もいい当たりが多く、結果以上の内容を感じさせます。
また守備は無難で盗塁も決めており総合力の高さ、そして実戦向きであることをここまでは証明しています。
開成→明治→エネオスと名門を渡り歩いてきただけに、そつの無さはさすがと言った所。
内野全般を守れる糸原ですが、彼にとってレギュラーに一番近いポジションは恐らくはセカンド。
上本・大和・板山らと、開幕に向けて激しい争いが繰り広げられることでしょう。

サバイバルはまだまだ始まったばかりで、今後どのような様相を見せるのかはわかりません。
ただ本日行われる横浜との練習試合でも「2番セカンド」として出場が予定されているように、糸原に対する期待値が高まっていることは伺えます。
昨年の高山に続き、ルーキーが開幕オーダーに名を連ねるやもしれません。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280