安芸で牙を研ぐ陽川 ポジション奪取へ逆転なるか?

安芸で行われている二軍キャンプ。
そこには、昨年ウエスタン二冠の陽川尚将の姿もあります。
他の若手野手は軒並み宜野座に居ますので、遅れを取っているようにも見えますが・・・。

何か意図が

キャンプのメンバーが発表された時、意外だったのは陽川が安芸スタートとなったことでした。
昨年はウエスタンで成績を残し、一軍でもホームランを打っています。
脆さもありますが、打撃は一軍で通用するレベルにかなり近付いていると思います。
大山や糸原といった新人を見たかったというのもあるでしょうが、それだけではないように感じられます。

その陽川は安芸では一番目立っているといっても過言ではなく、打撃練習では宜野座の誰よりも柵超えを量産しています。
また二軍の野手キャプテンにも指名をされており、さらに練習試合では4番で固定起用されています。
宜野座に呼ばれなかったことで、むしろ英才教育を施されているようにも思えます。
リーダーとしての経験を積ますためか、宜野座よりも静かな環境で自分を見つめ直させるためか、反骨心を刺激するためか・・・。
気のせいかもしれませんが、何か特別な意図があるのではないでしょうか。

陽川を開幕まで二軍にしておくということは考えにくく、オープン戦で試用される時は来るでしょう。
一軍では中谷が一塁を奪うような成長を見せており、原口のコンバートの可能性も依然として残っています。
しかしこの陽川とて、まだまだ逆転する余地は十分にあります。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする