メンデス・小野が初登板!そしてドリスも・・・22日紅白戦のチェックポイント

本日22日は紅白戦が予定されています。
投手ではメンデス・小野が阪神のユニフォームを着ての実戦初登板。
そしてドリスも、テストを兼ねて登板が予定されています。

スポンサーリンク

メンデス・小野が初登板

新外国人のメンデス、ドラフト2位ルーキーの小野。
この2人が、いよいよ実戦でベールを脱ぐことになります。
メンデスはスピードがありながらもコントロールも悪くないとの評判があり、日本的な投手とも言われています。
一方小野はキャンプが進むごとにグングン評価を上げており、金本監督が「ドラ1以上の価値がある投手」とも評したことで話題となりました。
新人の小野はもちろん、メンデスもドリスが入団ということになれば1軍は安泰とまでは言えません。
オープン戦を前に弾みを付けるためにも、内容のある投球をして欲しいと思います。

ドリスがテスト登板

一旦は契約を解除されながらも、テスト生という形で戻ってきたドリス。
元々実力に関しては疑いようがなく、昨年故障した右肘の影響を考慮してこの形となりました。
ただすでに金本監督から「去年より良くなった」とのコメントもあり、右肘はほぼ問題なさそうです。
今日の紅白戦で多少打たれたとしても、球速が140も出なかったとかじゃなければ再契約をするのではないでしょうか。
一時期は凄まじい投球をしていただけに、復活となれば大きな戦力となります。

ファンとしては紅白戦は打っても抑えても複雑な心境になりますが、選手としては絶好のアピールチャンス。
結果を出すことが出来れば、オープン戦の起用法にも好影響を与えることでしょう。
そしてオープン戦でも結果を出せれば、レギュラーや1軍に大きく近付けます。
ポジションが確約されていない選手は、1試合も無駄にすることは出来ません。
結果を出せなかった試合でも、何かを掴み取って欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする