昨年からの課題 守備はどこまで改善出来るのか?

8日のロッテ戦は1点差で勝利。
ただ内容としては、4エラーや2回以降の拙攻であまり良いとは言えませんでした。
阪神は昨年97エラーを記録しており、大きな課題となっています。

スポンサーリンク

2017年の守備力は?

97エラー。
そしてUZRも12球団中11位だった昨年の阪神。
これをいきなり12球団トップクラスにするのは無理がありますが、平均近くにまでは上げて欲しい所です。

捕手は梅野。
ボールを逸らさないことには定評があり、昨年の原口よりもパスボールは減るでしょう。

一塁は原口。
本格的なコンバートとなるのは今年からなので、ある程度ミスはあるものと思われます。

二塁は鳥谷・上本・糸原。
鳥谷は守備範囲、上本は送球面に不安があります。糸原はまだ未知数な所がありますが、球際には強そう。

三塁はキャンベル・大山・鳥谷。
ここは3人の誰が守るにせよ、比較的安定しているポジションだと思います。

遊撃手は北條。
守備範囲は今の鳥谷よりは上ですが、まだまだ一流とは言えません。どこまで伸びるか。

左翼は高山。
ここは高山に、何としても昨年より上積みをして貰わないと困ります。

中堅は糸井。
肩は抜群ですが、故障をした足に不安が残ります。体が万全なら。

右翼は福留。
昨年と同じような守備をしてくれれば、十分です。

こう見ると昨年より守備が良くなるかどうかは、若手の成長に大きく影響されそうです。
大和という内外野に使える守備の切り札がありますが、大和にばかり頼るわけにもいきません。
守備を平均レベルに押し上げれば、チーム防御率はまだまだ良くなるはず。
若手には打撃だけではなく守備の成長も、期待したいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする