江越特大ホームラン 二軍では板山が満塁弾

24日のオープン戦は、メッセー金子の投手戦を阪神が制し勝利。
江越がオープン戦1号となる、特大ホームランを打ちました。
また二軍では板山が満塁弾、狩野が3ランを放ち乱打戦を制しました。

スポンサーリンク

江越がオープン戦1号

昨年に比べると、振りがコンパクトになっている江越。
ただコンパクトとは言っても当てるだけのものではなく、しっかりとスイングをしています。
当たればあれだけ飛んでいくのですから、やはりその器は並大抵のものではありません。
開幕スタメンは難しい状況ですが、開幕一軍はこれで間違いないでしょう。
代打・守備固め・代走の全てに起用することが出来る選手なので、出番は多そうです。

板山が満塁弾

オフに体をしっかりと作り、昨年よりも精悍さが増した板山。
しかし実戦ではなかなか結果が出ず二軍落ちをし、もどかしさを感じていたのではないでしょうか。
シーズンは長く、開幕一軍に残れなかったとしてもチャンスはいくらでもあります。
この日の満塁弾をキッカケに、一軍に呼ばれるような上昇カーブを描いて欲しいと思います。

気付けば開幕まで一週間足らず。
いまだオーダーが固まっていない感がありますが、今年も無理に固定をすることはしないのでしょう。
江越や板山にも、スタメンで起用される日は来るはず。
レギュラーになるためには、そうした限られたチャンスを掴む必要があります。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする