ファームでドラ4望月が完投勝利 球速もスタミナも有るぞ!

独自路線とも言われた、阪神の2015ドラフト。
その4位指名で入団をしたのが、最速148kmの右腕高校生・望月惇志でした。
そんな望月が10日の中日戦(2軍)で、嬉しい完投勝利を収めました。

スポンサーリンク

9回でも150km!

中盤以降から試合の様子をニコニコ動画で観ていたのですが、私が見始めた時は1-0で負けていました。
しかし8回の裏に緒方の逆転2ランが飛び出し、そして9回も望月がマウンドに上がることに。
テンポ良く2アウトを取ったあとは四球を出していましたが、次の多村をきっちりと抑え9回1失点の完投勝利をマーク。
9回でも球速は150をマークしており、先発投手としての大きなポテンシャルを見せてくれました。
また球も良い所に集まっており、制球面においても成長が期待出来そうな投手です。
スカイAの春季キャンプの中継では2年は育成する方針であることをコーチのコメントとして紹介していたと思いますが、順調にいけば来年の春にはローテーション争いに入ってくるのではないでしょうか?

岩貞や青柳の台頭もあって、先発陣は若返りを見せています。
またリリーフでは、松田が好調をキープ。
野手だけではなく、投手も一軍選手の平均年齢がかなり下がりそうな気配を見せています。
それに負けじとベテラン陣も踏ん張ってくれれば、チームは今よりもっと強くなります。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする