糸井、全てを吹き飛ばす特大決勝3ラン!鉄人と被る圧倒的な頼もしさ

先頭打者を幾度も出しながらも、山中を捉え切れなかった阪神。
連敗中ということもあって、嫌な雰囲気がありました。
そんなチームを救ってくれたのが、糸井です。

スポンサーリンク

糸井!糸井!糸井!

山中から代わったルーキから超特大の決勝3ラン。
それまでのモヤモヤを、全て吹き飛ばしてくれました。
この糸井に繋げば何とかなるという頼もしさは、現役時代の金本監督と重なります。
開幕前から打線が弱いと言われている阪神ですが、糸井と福留の並びは他球団の主軸と比べても決して見劣りはしません。
チームの窮地を救う姿を、今シーズンは何度も見せてくれることでしょう。
四球で糸井に繋いだ上本も、隠れた立役者です。

秋山が好投

投手陣では、秋山がここまで登板をした先発の中で一番の好投。
7回でランナーを2人出した所で交代となりましたが、十分に役目を果たしてくれました。
そのランナーが帰れば秋山も悔いが残ったのかもしれませんが、二番手・桑原がそれを許しませんでした。
秋山には勝ちが付きませんでしたが、それに等しい投球だったと言えるでしょう。
次の登板にも大いに期待がもてそうです。

まだ始まったばかりとはいえ、借金は癖になる前に返しておきたい所。
予告先発はメッセンジャー。
エースでしっかりと勝っておきたいですね。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする