メッセンジャー7回1失点で2勝目!野手では鳥谷や高山が活躍

今日も最後は冷や冷やする展開でしたが、何とか10連勝中の広島を止めてくれました。
これでチームは貯金3。
連勝も4に伸びました。

スポンサーリンク

メッセが好投

広島の強力打線を止めたのは、メッセンジャー。
ヒットは打たれるものの連打を許さず、ここぞの場面で三振や併殺を取ってくれました。
与四球が0というのも、大いに評価出来る点です。
昨日の藤浪に続いての好投となり、開幕直後はバタバタとしていた先発陣が少しずつ整ってきました。
後は岩貞が復調してくれれば、前評判通りの強固な先発陣を築けそうです。

鳥谷2点タイムリー!高山が攻守で貢献!

打の主役は鳥谷。
3回裏に満塁の場面で2点タイムリーを放ち、これによりチームはこの試合の主導権を握ることが出来ました。
ファームでは故障していたキャンベルが試合に出始めていますが、鳥谷がこれだけ打ってくれると昇格は交流戦頃になるのかもしれません。

鳥谷のタイムリー以降はチャンスを作りながらも追加点が取れず、流れが怪しくなっていました。
しかしここでチームを救ったのが、高山。
まずは8回表、1点差に詰め寄られるタイムリーヒットを打たれた場面。
高山はこの場面で2塁を狙ったランナーを好返球で刺し、後続を断ち切りました。
そしてその裏に、喉から手が出るほど欲しかった追加点となるタイムリーヒット。
メッセと鳥谷にも劣らない活躍を見せ、勝利に貢献しました。

強い広島が相手でしたが初戦を勝ち、この3連戦の勝ち越しも見えてきました。
明日の予告先発は青柳。
前回の登板は雨により試合途中で中止となりましたが、調子は良さそうでした。
この3試合は先発陣に勝ち星が付いているので、その流れに乗って欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする