青柳自滅で連勝ストップ 勝ち越しは能見に託されることに

15日の試合は惨敗。
青柳が序盤に炎上し、打線も1得点。
この3連戦の勝ち越しは、能見の左腕に委ねられることになりました。

スポンサーリンク

青柳が炎上

先発の青柳は3回6失点。
自身のエラーだったり四死球だったりと、打者との勝負以外の所でやってしまった感があります。
昨年からの成長を見せて欲しかった所ですが、それは次の登板に持ち越しとなりました。
たとえエース級の投手でも年に何度かは炎上しますので、青柳も反省と切り替えを行って次の登板に臨んで欲しいと思います。

岩貞は中日戦か

16日の予告先発は能見。
今週は雨で1試合流れたので誰がローテーションを飛ばされるのかなと思っていたのですが、どうやら岩貞で確定したようです。
現在の調子を考えると、妥当な選択と言えるでしょう。
これで火曜日からのナゴド3連戦は、岩貞-秋山-藤浪になることが予想されます。
昨年も阪神はナゴドを苦手にしていただけに、最初の対戦で良い流れを作っておきたいですね。

15日の試合では、14日に続いて北條がスタメンを外されることに。
1試合だけなら休養を兼ねる意味でもあるでしょうが、2試合続けてということで少し驚きました。
代わりに入った糸原は15日にタイムリーを打ちましたし、今日の試合ではどちらが守りどういう結果を出すのか注目したいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする