継投で逃げ切り!ドーム6連戦を3勝3敗で乗り切る

本日の巨人戦は、1点差で勝利。
これで名古屋・東京のドーム6連戦を5分で乗り切ることが出来ました。
25日からは甲子園に戻り、横浜・中日との6連戦がスタートします。

スポンサーリンク

継投で勝利

インフルで二軍落ちをした藤浪に代わり、先発を任された横山。
ランナーを出しながらも要所要所で粘りの投球を見せ、5回1失点でマウンドを降りました。
打線は福留の活躍で2点を取りましたが、その2点止まり。
しかし桑原・マテオ・ドリスが1点差を守りきり、勝利することが出来ました。
この3人には助けられっぱなしですね。

不安も

勝つには勝ちましたが、この日も打線は5安打と低調に終わりました。
守備の不安も相変わらずで、22日の能見のエラーなど野手だけではなく投手にもミスが続発しています。
また大量点差で勝つ試合がありませんので、勝ちパターンの投手の登板が嵩んでいます。
チーム状態は決して良いとは言えないでしょう。
今の状態では先発投手が崩れれば一方的な試合になりかねないだけに、打線に奮起して欲しい所です。

本日好投をした横山ですが、藤浪が戻ってくるので恐らく月曜には抹消をされると思われます。
ただ、何かあっても横山がいるという印象を首脳陣に与えることは出来たのではないでしょうか。
次の登板も期待をしています。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする