終盤に打線が爆発!福留の4安打など13安打8得点

昨日の試合は守備のミスや拙攻もあって敗戦をした阪神。
しかし今日は打線が奮起し、13安打で8得点と爆発。
また、先発をした岩貞は6回を1失点に抑え2勝目をマークしました。

スポンサーリンク

荒木・糸原・岡崎

キャンベル(原口)・北條・梅野を外し、荒木・糸原・岡崎をスタメンに並べたこの日のオーダー。
正直な所、オーダーを見た時にはあまり点を取れる気がしませんでした。
しかし1点ビハインドで迎えた6回、その荒木が先頭でレフト前にヒットを放つとバレンティンがもたついている間に二塁を陥れます。
続く上本のバントは投手のほぼ正面に飛んでしまい三塁に投げられましたが、荒木が俊足を飛ばしてセーフに。
そして続く糸井の当たりは内野ゴロでしたが、これも糸井が快足を活かして内野安打をもぎ取りました。
糸原もタイムリーを打ちましたし、岡崎は攻守にまずいプレーがありましたが最後まで出場し梅野に休養日を与えることが出来ました。
結果的には勝利だけではなく、明日以降にも繋がる起用になりました。

福留が値千金のタイムリー

4点リードしながらも、8回裏にまたも守備のミスから1点差に詰め寄られた阪神。
9回表の攻撃は大和が先頭で出塁しながらも江越が送れず、どことなく嫌な雰囲気がありました。
それを振り払ってくれたのが、4番の福留。
一塁の大和をホームに返すタイムリーツーベースを放ち、チームと江越を救いました。
この福留のヒットで雰囲気はガラリと変わり、その後の北條や糸原のタイムリーを呼び込みました。
これぞ4番、これぞキャプテンと言いたくなる働きぶりです。

依然として、守備はバタバタしています。
しかしそれでも貯金を作っているのが今年の阪神。
さすがに1試合1エラーペースがシーズン終了まで続くとは思いませんしあってはいけないので、守備が落ち着いてくればさらに勝ちは増えるのではないでしょうか。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする