連日の猛打で快勝 梅野が今季1号ホームラン

4日のヤクルト戦は、阪神が連日の猛打で快勝。
3本塁打を含む15安打で7点を奪い、貯金を金本阪神初の「5」としました。
今日5日からは、首位広島との3連戦が始まります。

スポンサーリンク

連日の爆発

大量点を取った次の試合は貧打に終わるとよく言いますが、この日の阪神は連日の爆発。
中谷・福留・梅野がホームランを含む猛打賞を記録し、石川をノックアウトしました。
ここ2試合で実に28安打15得点ということで、打線は上がり目にあると見ていいでしょう。
先発の藤浪は四球でバタつきながらも結果的には1点に抑え、岩崎・藤川が好リリーフ。
投手陣は依然として好調で、ドリス・マテオ・桑原を休ませることも出来ました。
チームは開幕からここまでで、一番の好調期に入っているのではないでしょうか。

梅野が2年ぶりのホームラン

梅野のホームランは2015年以来、というよりも長打自体が2年ぶりとのこと。
今シーズンの梅野は守備で多大な貢献をしていますが、バットで結果を残すことは出来ませんでした。
しかし梅野と言えば、元々は打てる捕手。
捕手としてリーグ屈指の守備力を発揮するまでになった梅野に、打撃面まで注文をするのは酷なのかもしれません。
それでも彼は両方で貢献出来る素質を持っている選手だと思いますので、このホームランを機に打撃の調子も上げていって欲しいと思います。

横山がコンディション不良のため、この広島3連戦の先発には福永の起用が予想されています。
今の福永が広島打線を相手にどこまで通用するのか、楽しみでもあり不安でもあります。
ただ土曜日には雨の予報もあり、そうなると福永の登板も流れる可能性が高いだけに気になる所です。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280