福留決勝タイムリー&糸原がダメ押しタイムリー!大和が今季初スタメンで2安打! 3年ぶりの貯金「10」

頼れる4番の決勝打が飛び出し、この日も勝つことが出来た阪神タイガース。
今シーズンは貯金「5」の壁に苦労しましたが、「10」にはあっさりと届くことになりました。
貯金が二桁になったのは、2014年以来3年ぶりとのことです。

スポンサーリンク

福留が決勝打&糸原がダメ押し打

第二打席は風が無ければという大きなセンターフライ、第三打席は当たりが良過ぎて捕られてしまったライトフライ。
この日はどうもツキがなかった福留ですが、最後の打席でやってくれました。
横浜の抑えパットンを捉え、勝ち越しの決勝タイムリー。
さらに二死満塁では糸原がダメ押し打を放ち、ベテランとルーキーの活躍で勝利を引き寄せることが出来ました。
先発・藤浪はバタバタとしながらも7回を2失点に抑えてたので勝ちを付けたかった所ですが、延長戦でリリーフを消耗する前に決着を付けられたことは大きいです。

大和が今季初スタメンで躍動

今季初スタメンとなった大和。
初回は守備範囲が広い大和ならではのエラーもありましたが、その後は俊敏な動きで投手を助けました。
そしてバットでは2安打。
特に最終回の左打席でのレフト前ヒットは、勝ち越しの起点にもなりました。
本当にスイッチに挑戦したばかりなのかと思うほど左打席が馴染んでおり、打席が少ないながらもここまで.364の率を残しています。
大和が打てるようになると、上本にも大きな刺激となり相乗効果が現れるのではないでしょうか。

火曜日からは中日との三連戦が始まります。
3勝3敗とはいえ、ここまで阪神と最も相性の悪い相手。
苦手球団を持たないためにも、ここはきっちりと勝ち越して欲しいですね。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする