ドラ1野手のホームラン共演も連敗 岩貞は5回3失点と微妙な結果

(ヤクルト4-2阪神)
19日の試合は打線が攻めきれず敗戦。
復活が期待された岩貞も、5回3失点という微妙な結果に終わりました。

スポンサーリンク

伊藤隼・高山がホームラン

阪神の2点は、ドラ1野手2人のホームラン。
どちらも文句なしの当たりで、球場のファンを沸かせました。
2人とも六大学のスターだったこともあり、神宮という球場で思い出すものもあったのかもしれません。
伊藤隼もまだまだレギュラーを諦めるような年齢ではありませんので、久し振りの出番に期するものはあったでしょう。
現状レフトは高山と中谷の二択となっていますが、そこに割り込んでくる可能性は十分にあります。

岩貞は微妙な結果に

この日の岩貞は立ち上がりから制球に苦しみ、5回3失点。
合格点を与えることは出来ませんが、炎上でもないという微妙な結果に終わりました。
ただ、この結果に満足をしている人はいないでしょう。
誰よりも、岩貞自身が不甲斐なさを感じていると思います。
この壁を今シーズン中に乗り越えることが出来るのか・・・、チームの順位にも影響をしかねないだけに心配です。

今日の予告先発は、藤浪と小川。
疲れなのか糸井と福留が少し落ちていますので、そういう時は若手に決めて貰いたいと思います。
右の小川ということで、今日もスタメンで出るであろう高山の爆発に期待しています。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280