岩貞の完封とベテランの意地 久しぶりの快勝

11日の試合は、5-0で久しぶりの快勝。
岩貞が今シーズン2度目の完封をマークしました。
また鳥谷・福留といったベテランがホームランで援護し、意地を見せてくれました。

スポンサーリンク

連敗ストッパー岩貞

7連敗を止めた時のように、連敗中のチームを救ったのはまたも岩貞でした。
これで今シーズンの岩貞は7勝9敗、防御率3.28。
この日9回を投げたことで、最終的に規定投球回数をクリアする確率もかなり高まりました。
援護に恵まれず負けが先行をしていますが、今シーズン投手では最も伸びた選手と言えるでしょう。
ドラフト1位に相応しい投手に成長をしてくれました。

サード鳥谷

最近の試合ではサードでの出場が続いている鳥谷。
来年も恐らく、このポジションが彼の主な仕事場となるでしょう。
11日はホームランを打ったものの、打率はまだ2割4分台。
しかし守備では、転向して間もないというのに軽快な動きを見せています。
ここまで早くサードに順応するあたり、やはりそのセンスは流石です。
今シーズンはチーム全体で守備にバタバタしていますが、三遊間はだいぶ引き締まってきたのではないでしょうか。

サード鳥谷、リリーフ岩田、柴田や森越といった中堅のテストなど来シーズンを視野に入れたような起用が続いています。
苦戦をした金本阪神の1年目ですが、今年経験をしたことは決して無駄にはならないでしょうしまた無駄にしてはいけません。
来シーズンの飛躍を期待しています。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする