投手戦に敗北 5度の得点機を逃す

(阪神0-1巨人)
23日の試合は、秋山と菅野の対戦。
大方の予想通り投手戦となりましたが、一歩及ぶことが出来ませんでした。

スポンサーリンク

秋山が好投

この日の秋山はいつもより四球を出してしまいましたが、それでも制球が乱れたというわけではなく7回1失点の好投。
勝ちが付いてもおかしくはない、むしろ打線が勝ちを付けてあげなくてはいけない好投を見せてくれました。
2アウトランナー無しからの失点は勿体ないと言えば勿体なかったのですが、この内容で秋山を責めることは出来ないでしょう。
あの菅野と投手戦を展開出来るような選手は、そう多くはありません。
秋山がそういう存在になってくれたことを、嬉しく思います。

得点機を作るも・・・

巨人の投手陣に抑え込まれましたが、手も足も出なかったというわけではありません。
1回・3回・6回・7回・9回と5度ランナーを二塁に進め、得点のチャンスは作りました。
しかし、あと一本が出ずに結局は完封負け。
得点圏では投手もギアを上げてくるのでしょうが、それもで誰かに一本打って欲しかった。
これで秋山と菅野の対戦は1勝1敗。
またこの2人の対戦があった時には、何としても秋山に勝ちを付けて欲しいと思います。

打線は全体的に湿っていますが、高山の調子は上がっています。
高山と言えば、開幕前には3割20本という高い目標を掲げていました。
彼がその数字に近付けば近付くほど、チームの勝ち星も増えていくのは確実。
ベテランの調子が戻るまでの間は、高山に打線を引っ張って欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする