キャンベル爆発!メッセンジャー8回1失点! 助っ人の活躍で3タテ阻止

(阪神6-1巨人)
久しぶりのスタメンとなったキャンベルが、来日1号を含む2安打3打点の爆発。
またメッセがリーグトップタイの6勝目を挙げ、助っ人の活躍で連敗を止めることが出来ました。

スポンサーリンク

ついに出た!来日1号

キャンプ中に故障をしてしまい、出遅れてしまったキャンベル。
その影響で、「開幕後しばらくは打てなくてもスタメンで起用され続ける」という新外国人ならではの特権を失うことになりました。
ようやく一軍には上がったものの鳥谷が好調なこともあって、スタメンの機会はほとんどなく・・・。
そのためどれ程の選手なのか実力をはかりかねる所があったのですが、ここに来てやってくれました。
もちろんこの日の活躍で「当たり」と判断をするのは早いのですが、これからは出番も増えてくることでしょう。
「当たり」外国人が打線に入ると厚みは数段増すだけに、その期待は大きいです。
鳥谷や、キャンベル次第で出番が減ることになる高山・原口・中谷にとっても刺激になることでしょう。

メッセが6勝目

味方が先制点を取った直後は少しもたつきましたが、それ以降は快調なピッチングで8回を投げ抜いたメッセンジャー。
チームに勝利をもたらすだけでなく、リリーフ陣の負担を軽減するというエースのピッチングをしてくれました。
これでハーラートップタイの6勝目、また奪三振数はダントツトップとなり、順調なシーズンを送っています。
ここまでは秋山が素晴らしい投球を続けていますが、フルシーズン投げたことがないことを考えると夏以降は少し未知数な部分もあります。
それでもメッセという絶対的な柱や経験豊富な能見がいる限り、大型連敗をすることはそうそうないでしょう。

明日からの横浜3連戦はすでに発表されている藤浪、二軍から上がってくる青柳、もう一度チャンスを与えられた小野が予定されています。
3人とも制球は心配ですが、球威は十分なはず。
特に藤浪には実績もあるのですから、今日のメッセにも引けを取らない内容を見せて欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする